法務情報

「営業秘密の侵害」の内容と事業者として注意すべき点

/

1. はじめに 令和4年9月、回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を経営するカッパ・クリエイト株式会社の田辺社長が、不正競争防止法違反の疑いで逮捕…続きはこちら≫

今こそ下請法遵守を!(弁護士:角家 理佳)

/

下請法(正式名称「下請代金支払遅延等防止法」)は、下請取引の公正化・下請事業者の利益保護を目的とするもので、独占禁止法を補完する法律です。 …続きはこちら≫

知っておきたい広告表示規制の基礎知識(弁護士:渡辺 伸樹)

/

はじめに 広告・宣伝の場面では、自社の商品・サービスを消費者に選択してもらうために、ある程度の誇張がなされることは社会一般に許容されています…続きはこちら≫

パワハラ防止措置が義務化されました(弁護士:中澤 亮一)

/

2022年4月より、労働施策総合推進法(いわゆる「パワハラ防止法」)の適用対象が拡大され、大企業だけでなく中小企業においても、パワーハラスメ…続きはこちら≫

18歳成人、親としてできること(弁護士:橘 里 香)

/ /

令和4年4月1日から民法の一部を改正する法律が施行され、成年年齢が18 歳に変更になりました。 選挙権については、成年年齢引き下げに先駆けて…続きはこちら≫

個人情報保護法の令和2年改正要旨(弁護士:中川 正一)

/

改正個人情報保護法は、令和4年4月1日(一部は先行して施行)に施行されています。 同法は定義が分からないと何を言っているか分からないので、基…続きはこちら≫

副業・兼業している者の労働時間管理が問題となった事例~大阪地裁令和3年10月28日判決(労働判例1257号17頁)~弁護士:五十嵐 亮

/ /

事案の概要 当事者 原告Xは、セルフ方式による24時間営業の給油所において主に深夜早朝時間帯での就労をしていた者である。 被告Y1社は、給油…続きはこちら≫

契約書チェックのコツ「秘密保持契約書」について(弁護士:下山田 聖)

/

はじめに 事業を行うにあたり、取引先と契約書を取り交わす場面は無数にあると思います。 今回は、売買や請負などのある意味「身近な」契約書とは違…続きはこちら≫

契約書チェックのコツ「業務委託契約書」について(弁護士:今井 慶貴)

/

そもそも業務委託契約とは? 業務委託契約は、委託者が一定の業務を受託者に委託する契約であり、事業活動において活用されることが多い、身近な契約…続きはこちら≫

契約書は後回し?そんな時でも気をつけたいシステム開発契約時の注意点(弁護士:朝妻 太郎)

/

はじめに 日常生活や、社会経済活動のIT利用度が飛躍的に向上し、システム開発事業者が急増する一方、地方の中小企業であってもシステム開発を事業…続きはこちら≫