労務関連コラム

定額残業代の合意を有効と判断した事例 ~東京高裁平成31年3月28日判決~

/

  事案の概要 当事者 原告となったXは、平成24年8月より、Y社(結 婚式場を運営する株式会社)において、正社員として雇用され、…続きはこちら≫

パワハラの有無について第一審と第二審の判断が分かれた事例 ~名古屋高裁 平成30年9月13日判決~

/

  事案の概要 Y法人の概要 被告となったY法人は、美術館等を管理運営する公益財団法人である。   紛争に至る経緯及びX…続きはこちら≫

育児休業取得を理由として定期昇給をしないことは適法か?~大阪地裁 平成 31年 4月24日判決~

/

事案の概要 Y法人の概要 被告となったY法人は、A大学等の学校を設置・運営する学校法人である。   紛争に至る経緯 原告Xは、平成…続きはこちら≫

パートタイマー従 業員に対する配 転 命令は有効か?~津地裁 平成 31年 4月12日判決~

/

事案の概要 会社の概要 被告となったY社は、レンタカー業等を営む株式会社である。Y社は、中部地方を中心に複数のレンタカーの営業所を運営してい…続きはこちら≫

内部通報制度と関連法令について

/

内部通報制度とは 内部通報制度とは、一般に企業内で生じてい る不正行為等について、役職員等が企業内に設けられた社内窓口や社外窓口に通報できる…続きはこちら≫

「同一労働・同一賃金」の司法判断の最前線!~大阪高裁平成31年1月24日判決~

/

  多くの企業では、労働者の雇用形態は一様 ではなく、いわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期…続きはこちら≫

外国人労働者に対して 就業規則の写しの交付を認めない取扱いは適法か?~東京地裁 平成30 年11 月2 日判決~

/

事案の概要 法人の概要 被告となったY法人は、学校教育法に従い学校教育を行うことを目的とし、外国語学校を設置、運営している学校法人である。 …続きはこちら≫

契約社員にのみ退職金制度がないことが 違法と判断された事案~東京高裁 平成31 年2 月20 日判決~

/

事案の概要 会社の概要 被告となったY社は、地下鉄を運行する会社の100%子会社であり、地下鉄駅構内の新聞・飲食料品等の物品販売等の事業を行…続きはこちら≫

入管法改正 in 2019~外国人材受入れ政策の大転換~

/

2019 年の入管法改正で、何が変わったの!? 2019年4月1日、入管法[1]が改正されました。 皆さんも「入管法改正」や「特定技能」制度…続きはこちら≫

定年後再雇用時の賃金減額は適法か?東京地裁平成30年11月21日判決~定年後再雇用時の賃金額が定年退職時の約半分程度になっていた事案~

/

事案の概要 会社の概要 被告となったY社は、不動産の賃貸、ホテル、旅館及び観光施設の経営等を目的とした株式会社である。   都内を…続きはこちら≫