新着情報

時給制従業員のシフトを一方的に減らすことは適法か~東京地裁令和2年11月25日決定(労働判例 1245号 27 頁)弁護士:五十嵐 亮

/

事案の概要 当事者 X社は、介護事業及び放課後児童デイサービス事業等を営む有限会社である。Yは、X社に平成26年1月30日付けで雇用された従…続きはこちら≫

改正プロバイダ責任制限法の概要(弁護士:中澤 亮一)

/

2021年4月21日に、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」(いわゆるプロバイダ責任制限法、以下「…続きはこちら≫

◆年始のご挨拶◆

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 弁護士法人一新総合法律事務所 は、本日より2022年の業務を開始い…続きはこちら≫

◆年末年始休業のお知らせ◆

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 弁護士法人一新総合法律事務所では、誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休業とさせていた…続きはこちら≫

裁判でのWeb会議あれこれ(弁護士:今井 慶貴)

※この記事は、株式会社東京商工リサーチ発行の情報誌「TSR情報」で、当事務所の企業法務チームの責任者 弁護士今井慶貴が2017年4月より月に…続きはこちら≫

コロナ禍での経営不振を理由とした 整理解雇を違法とした事例 ~福岡地裁令和 3 年 3月9日決定(労働判例 1244号 31頁)~(弁護士:五十嵐 亮)

/

事案の概要 当事者 Y社は、特定旅客自動車運送事業等(主に貸切観光バス事業)を営む会社であり、福岡県内所在の本社のほか、鹿児島県所在の支店を…続きはこちら≫

所有者不明土地の解消に向けた 民法の改正等(弁護士:今井 慶貴)

/

立法の背景 今年(令和 3 年)4 月に、所有者不明土地の解消に向けた民法・不動産登記法の改正法と「相続等により取得した土地所有権の国庫への…続きはこちら≫

退職した従業員に対する受講料返還請求の可否 ~長崎地裁令和 3 年 2月26日判決(労働判例1241号19頁)

/

事案の概要 当事者 原告(X社)は、日用雑貨等を扱うディスカウントストアを経営する株式会社である。被告(Y)は、X社の従業員であった者であり…続きはこちら≫

その契約書ひな型古くない?(弁護士:今井 慶貴)

※この記事は、株式会社東京商工リサーチ発行の情報誌「TSR情報」で、当事務所の企業法務チームの責任者 弁護士今井慶貴が2017年4月より月に…続きはこちら≫

ネット広告における無料掲載期間経過後の代金請求を受けている相談事例(弁護士:和田光弘)

ネット広告における無料掲載プラン申し込みしたつもりでいたところ、無料掲載期間経過後の有料広告の代金請求を受けている相談事例 質問: 先月、A…続きはこちら≫