弁護士:五十嵐 亮

忘年会における従業員による暴行と使用者責任の有無~東京地裁 平成30年1月22日判決~

/

事案の概要 当事者 原告であるXは、被告Y会社が経営していたA水産B店に勤務していた者である。 被告であるY社は、飲食店の経営等を目的とする…続きはこちら≫

整理解雇を実施する場合の注意点(弁護士:五十嵐亮)

新型コロナウイルス拡大により業績が悪化     新型コロナウイルス拡大により業績が悪化している企業においては、売上を確保…続きはこちら≫

賞与(ボーナス)を減額する場合の注意点(弁護士:五十嵐亮)

新型コロナウイルス拡大により業績が悪化 新型コロナウイルス拡大により業績が悪化している企業においては、売上を確保する策を講じると同時に、経費…続きはこちら≫

従業員が新型コロナウイルスに罹患したら労災認定されるのか?(弁護士:五十嵐 亮)

■労災認定の基準は? 従業員が傷病を発症した場合、その傷病の発症が業務に起因していると認められると場合、労災と認定されます。   …続きはこちら≫

緊急事態宣言により従業員を休業させる場合に休業手当を支払う必要があるのか?(弁護士:五十嵐亮)

はじめに 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が発令され、国や各都道府県知事より外出自粛や休業要請が出される事態となっています。…続きはこちら≫

即戦力採用の管理職に対する本採用拒否が有効とされた事例 ~東京地裁 平成31年1月11日判決~

/

  事案の概要 Y法人の概要 被告Y法人は、保育所や障害児通所支援事業の社会福祉事業等を行う社会福祉法人である。   &…続きはこちら≫

定額残業代の合意を有効と判断した事例 ~東京高裁平成31年3月28日判決~

/

  事案の概要 当事者 原告となったXは、平成24年8月より、Y社(結 婚式場を運営する株式会社)において、正社員として雇用され、…続きはこちら≫

パワハラの有無について第一審と第二審の判断が分かれた事例 ~名古屋高裁 平成30年9月13日判決~

/

  事案の概要 Y法人の概要 被告となったY法人は、美術館等を管理運営する公益財団法人である。   紛争に至る経緯及びX…続きはこちら≫

育児休業取得を理由として定期昇給をしないことは適法か?~大阪地裁 平成 31年 4月24日判決~

/

事案の概要 Y法人の概要 被告となったY法人は、A大学等の学校を設置・運営する学校法人である。   紛争に至る経緯 原告Xは、平成…続きはこちら≫

人事労務担当者必見!労働者が新型コロナウイルス感染した場合の注意点(弁護士:五十嵐 亮)

新型コロナウイルスとは?   新型コロナウイルスが中国・武漢市を中心に流行し、連日のように報道されています。   一般に…続きはこちら≫