顧問先の声 株式会社赤川器物製作所様

「固く、柔らかい」ものづくりをする会社へ

 

 

創業:1948年(昭和23年)6月
設立:1970年(昭和45年)1月
住所:〒959 -1233
新潟県燕市殿島2-7-23
電話:0256-47-0002
HP:https://www.ag-akagawa.co.jp/
URL:https://www.instagram.com/ag_akagawa_official/

 

Q1.赤川器物製作所さまの事業内容を教えてください。

A燕市でステンレス製品の加工を行っております。

主に製造しているものは弊社会社名にもあるとおりステンレスの「器物」、容器です。

厨房で使用しているステンレスの鍋やトレー、バットと呼ばれる角型の容器が主力製品ですが、その他工場向けの大型の容器の受注開発、家庭用品などのOEMを行っております。

[ 錆に強く、耐久性の高いステンレス製バット] 

Q2.赤川器物製作所さまが今力を入れているサービスについて教えてください。

現在は業務用厨房器物がメインですが、本年6月から食品衛生法の改正により食品工場や外食厨房の衛生管理が義務付けられます。

それに伴い、衛生の面で対応できる製品を開発しております。

また昨年よりステンレス以外の新素材での新製品の開発をすすめており、順次発売を行う予定です。

情報発信にも力を入れ、SNS 等のツールを積極的に使用していきます。

 

[ プレス・加工機の設備] 

Q3.当事務所の顧問契約制度をどのようにご利用されているか教えてください。

以前、燕三条事務所の古島所長に弊社の本業ではない案件にて相談をさせていただいたところ、ご丁寧に対応いただいたことがありました。

仕事のことではなかったので恐縮ではございましたが感謝いたしております。

弊社もここ数年で海外の会社と直接取引をおこなう機会が増えました。

当然国内と海外とでは法律も異なりますので、いろいろと相談をさせていただく事が増えてくるかと思います。

Q4.赤川社長から当事務所に向けて、一言メッセージをお願いいたします!

弊社が顧問契約を結んでからの十数年、この間での貴所のご発展ぶりにはただ敬服するばかりです。
弊社としましても、これから色々と展開をしていく中で先生方に相談をさせていただくことが多くなるかと思いますが、これからも何卒ご指導のほど宜しくお願いいたします。

 

<初出:顧問先向け情報紙「コモンズ通心」2020年7月5日号(vol.246)>

※掲載時の情報ですので、現在と異なる情報や、実施していないサービスなどがある可能性があります。

 

 

関連する記事はこちら