【Q&A】事業承継について相談したいのですが、誰に相談してよいか分かりません。

A.弁護士と税理士・会計士に依頼されるのが間違いありません。

事業承継をする場合、①後継者の選定・養成といった事業の経営面に加えて、②相続税や贈与税といった税務面、さらには、③会社法(株主構成やM&A)や民法(相続)といった法務面での検討が必要となります。

事業承継には、大きく親族内での承継と親族外での承継(M&Aを含む)がありますが、少なくとも弁護士と税理士・公認会計士の関与は不可欠であると言えます。

 

M&Aの場合には、専門仲介会社などにマッチングを依頼するケースもありますが、その際にも、あなたの立場に立ったアドバイザーとして、弁護士と税理士・会計士に依頼されるのが間違いありません。