顧問先インタビュー 株式会社 新潟日報事業社

 

 

 

 

 

 

代表取締役社長:渡辺 英美子
創業:1949年10月1日

住所:〒950-8546 新潟市中央区万代3丁目1番1号

   メディアシップ14階

電話:025-383-8000
HP:https://www.nnj-net.co.jp/

Q:貴社の事業内容について教えてください。

1949年新潟日報社から分離独立。現在は、新聞・電波・

イベント・Web等を取り扱う広告部門、新潟県の歴史・自然・レジャー・観光情報等を中心とする書籍を刊行する出版部門、「アフラック」をはじめとする8社の生命保険・損害保険会社の商品を販売する保険部門の3つの事業を展開し、地域社会の発展に貢献することを目指しています。

Q:貴社が今力を入れているサービスについて教えてください

広告部門では情報環境が変化する中、セールスプロモーションとインターネット、新潟日報事業_保険セミナー

モバイルを連携した広告。

出版部門では自分史、句・歌集、エッセーといった自費出版や、企業・学校・団体を対象にした記念誌。

保険部門では保険の基礎知識、賢い保険の選び方、お金の殖やし方等をアドバイスする「保険セミナー」「保険相談会」等に力を入れています。

Q:当事務所の顧問契約制度をどのようにご利用されているか教えてください。

企業はこれまで以上に法令順守・消費者保護、人権擁護、地域貢献などが求められる時代となりましたが、当社には法務部門がないことから、著作権、肖像権、商標権、契約書、債権管理、労務関連など様々な案件でお世話になっています。

その中でも営業からの案件は回答期限が短く、無理なお願いをすることが多いのですが、いつもスピーディーな対応をいただき助かっています。

また、社内研修の講師に来ていただくなど様々な面で心強い存在となっています。

Q:代表者様から当事務所に向けて、一言メッセージをお願いいたします!

 

渡辺 英美子社長

 

新潟日報グループの一員として、お客様のニーズに合致した最善のサービスを提供し、地域文化の発展と新たな価値の創造に向けて引き続き邁進していきます。

今後も変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

関連する記事はこちら