契約書の作成

ひな形をそのまま使用していませんか?

 

契約は相手との合意により成立しますが、その合意の有無や、契約内容を明らかにするために契約書を作成することは大変重要です。

契約書を作成し、契約条項に明記していれば防げたトラブルを、契約段階で契約書の要否を安易に考えていた(もしくは、契約書の内容を十分検討しなかった)ことにより回避できなかったということもあります。「あの会社なら大丈夫だろう」と思って信用し、適切な契約書を作成していなかった結果、のちにその企業とトラブルになり、収拾がつかず泥沼化というような話は、けして珍しいものではありません。

 

契約書を作成しておかないと、合意の内容が曖昧になってしまい、最終的には「言った・言わない」の水掛け論に発展しかねません。

現在は、インターネット上で各種契約書の書式集やひな型を簡単に検索することができます。しかし、それぞれ個別の事情に応じていないため、条項の内容・解釈次第によってのちのち大きなトラブルに発展することが珍しくありません。同じ「取引基本契約書」であっても、商品(契約の目的物)の内容・量・価格、取引先との関係性(力関係や取引に至った経緯)などさまざまな要因を検討していくと、必ず、ひな型の契約書では用をなさないことが判明します。

 

新潟第一法律事務所のサポート

 

弁護士に契約書作成をご依頼いただければ、貴社の状況や取引の背景を十分にヒアリングし、今後発生しうるトラブルを検討したうえで、貴社のニーズに合致したオーダーメイドの契約書を作成することが可能です。適切な契約書を作成し、トラブルを未然に防げるだけでなく、企業活動を円滑に進め、ひいては貴社の信用を向上させることにもなります。

 

新潟第一法律事務所事務所では、業種・規模問わず、あらゆる企業の契約書作成をお手伝いしてきました。

取引基本契約書だけでなく、賃貸借契約書、フランチャイズ契約書、M&A関連契約書など、多様な契約書に対応いたします。