契約書トラブル

 

「先方から提示された契約書を確認するにも、確認方法が分からない」

「事前の確認を十分に行わずに不利な条件で契約を結んでしまった」

「きちんとした契約書を作成していなかったばっかりに、裁判での立証が難しい」

 

取引で発生する契約に基づくトラブルには、規模を問わず多くの企業が頭を抱えています。

取引上必要な契約書を作成していなかったために、契約の有無、内容について食い違いが生じるケースや、契約書を作成したものの、その条項の解釈の相違によりトラブルになるケースなど、契約書の有無、契約書の内容に関連するトラブルは頻繁に発生しています。

契約条項の解釈のしかた一つによって、結果が大きく変わり、多額の賠償金が問題となることも少なくありません。

 

弁護士が関与することにより、トラブルを未然に防ぐための契約書の作成をお手伝いすることはもちろん、トラブルが発生しそうになった段階での応急的措置のアドバイスができます。また、不幸にしてトラブルが発生した時には、貴社の代理人として相手方との交渉、訴訟対応を行います。

経験のある弁護士の関与により、過去の裁判例などの調査結果に基づいて、貴社にとって最善の選択肢を提示することができます。

 

新潟第一法律事務所では、業種・規模問わず、あらゆる企業の契約書チェックのご依頼を受けてまいりました。これまで蓄積したノウハウとチーム対応により、貴社の利益にかなった解決を目指します。