債権回収

債権回収でトラブルが発生したら

 

売掛先などから予定の入金がなく、回収に頭を悩ませる場面は、企業規模の大小を問わずすべての企業であるのではないでしょうか。「売掛金の支払いが滞っているので、債権回収を依頼したい」という相談は、弁護士が対応できる典型的な問題です。

請求書を何度も送っても支払いがないケースには、そもそも請求内容に争いがある場合と、争いがない場合があります。請求内容に争いがない場合とは、たとえば、債務者は支払わなければならないことを認識しながら支払い能力が欠如しているケースや、悪意があって意図的に支払わないケースです。

まずは弁護士が事情を詳しくお聞きして、支払いがなされない原因を把握し、状況に応じた適切な対応を検討します。

状況に応じて、なるべく費用倒れにならないよう、回収の見通しも踏まえて最善の方法をアドバイスいたします。また、相手に対する督促や各種法的手続を行う場合には当事務所の弁護士が代理人として対応することも可能です。

 

事前の対策

 

信用に不安がある取引先の場合には、契約に先立って、債権の保全についてアドバイスいたします。

債権回収の場面では、いざ不払いが発生したときに対応するのでは十分な回収ができないことが珍しくありません。取引開始前の段階で、相手方の信用情報を入念にチェックしましょう。取引開始にあたっては、保証人を設定したり、相手方の保有する不動産や再建に対して担保権を設定するなど、必要な担保権を設定、いかに債権回収のトラブルを生じさせないように対応するかが重要です。

 

債権回収についてお悩みの際には、お気軽に新潟第一法律事務所にご相談ください。