【Q&A】民事再生手続とはどういうものでしょうか?

A.当事務所は、複数の弁護士と事務職員で対応することで最大限サポートします。

民事再生手続は、ごく大まかに言えば、再生債権者(公租公課や労働債務等の優先権ある債務以外の買掛金や借入金等があたります。)の多数の賛成を得て、債権カットを含む再生計画に基づいて、事業再生を図るという裁判所の手続きです。

再生の仕方としては、圧縮された負債を分割弁済していく「自力再建型」と、事業をスポンサーに譲渡してその対価を債権者への支払いにあてる「事業譲渡型」とに大別されます。

 

実際には、事業の継続性、手続き費用や返済原資の確保、スポンサーの存在、債権者の多数決による再生計画案の可決、抵当権者の協力など越えるべき数多くのハードルがあります。

また、手続きを進めるにあたり膨大な事務処理が必要となりますが、当事務所は、複数の弁護士と事務職員で対応することで最大限サポートします。

 

社の倒産については、こちらもご覧ください。